東洋のガラパゴスの【あまんゆ(奄美の世)】から
東洋のガラパゴスと別名言われる奄美から日々心に思う事を、気ままに情報発信し、amami-inetとリンクしながら奄美人(あまみんちゅ)としての気持ちを伝えたい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
琉球石垣に感激
2007年06月08日 (金) 18:03 | 編集
琉球石垣


大島郡龍郷町秋名集落に「琉球石垣」といわれる物がある。
調べて見ると、なんとなんと古いことがわかった。

嘉永(カンエイ)5年(1852年)生まれの豪農「麻福栄志」の屋敷で、ここの珊瑚の石垣は、琉球(現在の沖縄県)から石工を呼びよせてヤンチュウ(家人)を使って秋名をはじめとして近くの海から珊瑚石を集めさせたということです。

当時、奄美大島の石垣の積み方は、野積みが多いのですが、麻氏の石垣は亀甲乱れ積みというものです。

この積み方は、珊瑚石の大きさや形は不揃いですが、石と石との隙間が全く無いのが特徴です。

この石垣の工法は、15世紀初期に琉球で工夫された独特のものです。
麻氏の石垣が造られたのは、奄美薩摩藩に支配されていた時代(大和世〔ヤマトユ〕)のものですが、この時代に奄美の豪農は、琉球との貿易をしていた事を物語っています。

現在は、別の個人宅になっており敷地内には勝手に入ることが出来ません。

龍郷町の教育委員会に問い合わしたところ、鹿児島県内でもこのような見事な石垣は鶴丸城の石垣しかなく、他に類の無いものです。

見るものを圧倒する石垣に、感激し、又、その頃の時代背景を考えると途方も無い時間や財力を思い知らされる。




島の名所・写真撮影などご希望の方はamami-inetまでご連絡下さい。
ご案内いたします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco