東洋のガラパゴスの【あまんゆ(奄美の世)】から
東洋のガラパゴスと別名言われる奄美から日々心に思う事を、気ままに情報発信し、amami-inetとリンクしながら奄美人(あまみんちゅ)としての気持ちを伝えたい。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大熊展望広場にて
2007年06月06日 (水) 10:16 | 編集
大熊展望広場

大熊

大熊展望広場

大熊展望広場


久振りに大熊展望広場に来てみたら、シンボルである
展望台に老朽化の為ロープが掛かって登れなかった。
ここは、北風・潮風共に当たる山の途中にある展望台(だから
展望台なのだが!)なので、とても眺めがいい。 あまみ祭りの際には
多くの奄美人(アマミンチュ)が花火などの見学に訪れる場所でもある。(結構場所取りに苦労するが)
今日の眺めは、外洋に面している海なのだが本当に湖の用に穏やかで
波も無く素敵だった。 景色(風景)は時代と共に風変わりしていくものと思うが
ココ奄美でも少しずつ変わっている。
入口に「かごしまロマン街道」の表示物があり、少し気になって考えてみた。
「かごしまロマン街道」の名称は平成6年頃に全国的に広がった「街道ブーム」の名残なのか?
大島支庁にこの事を確認したが明確な回答を得ることは出来なかった。
せっかく表示してあるので、もう少し活用してみたらどうだろう・・・と思うのは、私だけ???
全国各地にある色々な街道などの名所の言われなど考えてみる事自体が「ロマン」なのかも知れないと変に納得している私である。
しかし、ココの眺めは先ほども記載したが、本当に綺麗で、夕日を見るのも最高かも!!!
少し道の先には、奄美カントリーゴルフ場もあるが、車の通行量には気をつけて!!
奄美大島唯一のゴルフ場です)
広場の木々には蝶が舞い、気持ちを安らげてくれるそんな憩いの場を広く知ってもらいたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright&template: himeco